□Kさん 性別不詳 目標を書いて実現。

何気ない日々を漫然と過ごしていた私ですが、ある日住んでいるアパートに年配の女性が訪ねて来ました。もちろん初対面で初めは新聞でも勧めに来たのかと思ったのですが、よくよく聞いてみると「書写活動」を広めるために色々と訪ねていただけで優しい方でした。この出会いから始まったお話。

心を整える書写

彼女に出会ってから私は、毎日のように書写をするようになりました。書写とは何かと言いますと、あらかじめ言葉が書いてある板の上に薄い紙を敷いて、文言をなぞり書きすることです。

最初は、正直抵抗があって、面倒な作業が増えただけじゃないかと思いましたが、「毎日毎日清らかな心で書写をすることで、学業に精が出たり人付き合いが円滑になったりする」と教えられたので頑張って続けてみました。

すると、徐々にその恩恵を感じられるようになったのです。

私は朝が苦手で、社会人でありながら寝坊をすることがあったのですが、書写を始めてからは寝坊することがめっきり減ったのです。

 

これは私の考察ですが、おそらく日々机に向かい心を落ち着かせてペンを滑らせるという今までになかった変化をつけることで生活に良いリズムが生まれ、規則正しく健康的な毎日を過ごせるようになったのが主な要因ではないかと思います。

そして、その書写はただ書かれた文言をなぞるだけでなく、紙の下部分には空欄がありそこに自分の希望を書くのですが、「規則正しく健康でありたい」と自分の思いを文字に起こすことでより現実味を増すのに繋がったんだと思います。

縁を大切にする

この活動を始めるきっかけとして私がしたことといえば、訪ねてこられた女性を玄関で迎えただけです。この行いは単なる偶然であり、受動的なことですがこういう予期せぬ出会いから自分にとって良い流れが生まれることもあるんだと新しく気づかされました。

何度もお会いするうちに互いについて知り合えるのも、人と人が触れ合う貴重な縁ですよね。

もし何かにとらわれて視野が狭くなってしまっているなら、一度肩の力を抜いてこういう貴重な縁を逃してはいないか自分を振り返ってみるのもいいことかも知れません。そして同じく心を落ち着かせて書写に取り組めば、自分を変えるきっかけになる可能性があります。

 

何か、新しいことを始めるのに臆病になってしまっているなら、私はまず書写を勧めます。

1つには日々の積み重ねの重要性を再確認できます。また、清らかな文言を眺め書き連ねるルーティンを手に入れられます。

皆さんにも、ぜひ試して欲しいです。
あの日勧めてくれた彼女のように。

Kさん、貴重な体験談ありがとうございます。
書くことによって、願望実現できたのだと思います。
また、人との縁についてのお話も素晴らしいものでした。
(管理人より)