yaruki

アファメーションにジェスチャーも加えましょう。

立った姿勢で、利き手でガッツポーズをして、下記のアファメーションを唱えるのです。人間は猫背になることで気持ちが落ち込むことが知られています。逆に、姿勢を正すことでポジティブになることも科学的に知られていることです。

人間はスキップしながら落ち込むことは出来ないのです。

  • いいぞ、やるぞ、絶好調だ。
  • 最高だ。気分がいい。ついている。
  • 私は誰にも束縛されない、自由な存在です。
  • 周囲はみな協力的で、私をサポートしてくれます。
  • 私はすでに十分な知識と、十分な能力を持っています。
  • 私は成功するために、自分自身を高める努力をします。
  • 私は自分自身を大切にし、慈しみ、愛しています。
  • 私は人を許すことができる、寛大な心を持っています。
  • 私は日々成長しています。私は人生を信頼します。
  • 私は流れに身を任せ、ゆったりとした気持ちで、
    毎日を過ごしています。つねに心が満たされています。
  • 私は守られています。そして、すべて上手くいきます。

落ち込んだ時のアファメーション

fuan

落ち込んだり、絶望して、頭が混乱しているときのアファメーションです。いろいろなことが続いて、疲れ切ってしまうこともありますね。そんなときに唱えて欲しい言葉です。

楽な姿勢を取り、呼吸を整えながら、ゆっくりとアファメーションしましょう。人によっては涙が出るかもしれませんが、良い兆候です。抑圧していた感情を自由にしましょう。


  • 私の存在のすべての緊張が緩和されています。
  • 私の心は、常に穏やかで落ち着いています。
  • 私は平和の精神をもって、すべてを受け入れます。
  • 私の否定的な感情は、すぐに穏やかに消えていきます。
  • 私は平和を感じることができます。
  • 私は私が望むたびに深くリラックスできます。
  • 私は私の人生のすべての人々の平和を心から願います。

アファで、やる気を引き出すコツ

jump

アファメーションでやる気を引き出すには、言葉と過去の成功体験と結び付けます。大学に合格した時や仕事で成功した時の具体的なシーンを思い出して、その感情を味わいます。

そして、その感情をすくい上げる言葉をチョイスします。
ビジネスで成功したいなら、過去の成果をアファメーションに盛り込みます。売上や顧客から頂いた言葉がいいですね。

先月の売り上げは100万円でした。友人や家族が祝ってくれました。私はエネルギーに満ちていて、さらなる高みを目指しています。

お気づきと思いますが、これはイメージングの技法ですね。もっとも優れたイメージングは、過去の成功体験を思い出すことです。これで「良い気分」を引き出すのがコツです。

ワクワクしながら、やる気を引き出すアファメーションをすれば、自然とやる気が出ます。やる気がイマイチでも「あのとき、上手くいったのだから」という気になってきます。

ちょっと変わったアファメーションの技

movie

好きな映画の名ゼリフをそのまま唱えます。例えば、名作『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンスのセリフ。

「希望はいいものだよ。たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない」

映画の良いところは、情動の記憶とセリフが結びついていることです。私はこの映画でボロ泣きしているので、何度でも感動を呼び戻せます。そのため、前述の過去の成功体験とアファメーションを結びつける技法を簡単に実現できます。

もちろん、ドラマでもアニメでも、小説でも構いません。あなたがやる気になったり、強く感動した作品のセリフをそのままアファメーションしましょう。感動と結びついている言葉は強力です。確実に私たちの心をエンカレッジします。