ずばりポイントは3つ

cd

日本国内には多くのサブリミナルCDがありますが、
効果を実感できるCDを選ぶポイントは以下の3つです。

■CD選びのポイント

シータ波誘導
・収録メッセージが記載されているもの。
・催眠療法士作成によるもの。

■選んではいけないもの

・倍速のサブリミナルCD。

シータ波誘導で暗示を受けやすくなる

シータ波とは、眠る直前のうつらうつらした、まどろんでいる状態で出る脳波です。禅や瞑想、ヨガをしているときに見られる脳波で、記憶力や創造性がグッと高まります。

潜在意識的には、メンタルブロックが弱まります。
脳波がシータ波になると脳は暗示を受けやすくなり、
入力される情報に対して無批判な意識状態になります。

潜在意識のテクニックで就寝前にワークをすると言うものがありますが、これは就寝前にシータ波が出るからです。

 

サブリミナルCDのなかには、バイノーラル技術によって、聴いているだけで自然に脳波を誘導するものがあります。

バイノーラルとは、直訳すると「両耳性うねり」という意味で、左右の耳から異なる周波数の音を聞くと、脳がその差につられて脳波を修正すると言う特徴のことです。

良質なサブリミナルCDは、この技術で脳波をシータ波に誘導します。前述の通り、シータ波になるとメンタルブロックが弱まり、潜在意識にアクセスしやすくなります。

そのため、音楽を聴いているだけで自然に暗示を受けやすい状態になり、よりサブリミナル効果が高まるのです。

収録メッセージが記載されているもの

puzzle-word

サブリミナルCDの中には、収録されているメッセージが明記されていないものもあります。具体的にどのようなアファメーションが収録されているのか分からないのです。

勿論、中身が不明でも、効果を実感できるCDもあります。薬奏シリーズのように「不安解消」「集中力強化」などのザックリした表記でも、十分といえば十分なのです。

しかし、サブリミナルメッセージをアファしたい方もいらっしゃるはず。耳で聴くのと声に出すの両方をしたい方は、収録メッセージが明記されているのかを確認しましょう。

 

催眠療法士作成によるもの

listen

サブリミナルCDは、音楽療法士もしくは催眠療法士によって制作されています。音楽療法士のカリキュラムにもサブリミナルの項目があり、しっかりと学習をされています。有名な薬奏シリーズも音楽療法士の方が制作しています。

ただし、オーダーメイドでサブリミナルCDを制作する場合は、やはり催眠療法士の方が効果を実感できるでしょう。オーダーメイドでは、ユーザーが悩みや願望を製作者に相談して、収録するサブリミナル・メッセージを決定します。

そのため、アファメーションを制作する能力が求められるので、催眠暗示のプロにお願いした方がいいのです。

市販されているCDなら、両者にそれほどの違いはありませんが、オーダーメイドとなると催眠のプロが理想です。

倍速CDは選んではいけない

サブリミナルCDのなかには、サブリミナルメッセージを倍速録音しているものがあります。2倍速、3倍速でメッセージが収録されており、効果的であると謳っています。

しかし、催眠研究において、メッセージを倍速で聴くことに特別の効果は確認されていません。そもそも、高速で繰り返される情報を無意識が受け取れるのかも不明です。

そればかりか、単なるノイズとして処理され、潜在意識の負担になる危険性も一部で指摘されています。速聴自体は脳の活性化につながるはずですが、サブリミナルにそれを持ち込む必要性は現在のところ確認されていないのです。