初めて「引き寄せ」を知ったのは、私が精神的に疲れている時でした。離婚して半年経った頃、職場の同僚で趣味も気も合う男性にデートに誘われました。

以前から気にはなっていたので、楽しくデートし帰り際には告白されお付き合いすることに。ただ私の気がかりは、彼が私より10歳も年下だったこと、私に思春期の娘がいる事、彼の結婚願望がかなり強い事でした。

始めは、ゆっくり少しずつ結婚に向け進めていきたいと思っていたのですが、彼が転職し、その職場に同年代の女性が入ってきてから、二人の関係も変わってきました。

その女性は彼に好意を抱き、告白したそうです。彼は「お付き合いをしている人がいる」と断りましたが、私が年上であること、子供がいることを知ると、「あなたは、あなたに合う人と付き合うべきだ」と話したそうです。

それから彼は悩みはじめ、それを彼の口から聞かされた私もまた悩み始めました。きっと彼は離れていくだろう・・・私といても彼が苦労するだけなのでは・・・考えることは後ろ向きな事ばかり。

毎日ネガティブな感情の繰り返しでした案の定、彼は徐々に私から離れていき、最終的には別れを迎えることになりました。

偶然!?本屋での出会い

私は彼の事が好きなまま身を引いた事で、しばらく立ち直れず、精神的に疲れてしまっていました。そんな時、ふと入った本屋さんで「引き寄せ」の本と出会いました。

その本には、思考は具現化する。ネガティブな思考はネガティブを引き寄せる。願いは、わくわくとした感情、ポジティブな時に叶う。具体的にイメージすること・・などなど引き寄せの方法について詳しく書いてありました。

それを読んだ私は、彼が離れていったのも自分の思考が引き寄せたのかもしれない。という事に気づき、色々な引き寄せの手法の中から、書くことで願いを引き寄せてみようと毎日日記を書くことに。

寝る前に、願いを書き、叶った事をイメージし眠りにつく。それを毎日繰り返し、毎日わくわくした気持ちで過ごすようにしていました。

願ったことが叶いはじめた

引き寄せを始めてから、欲しいと思っていたものをプレゼントされたり、臨時収入が入ったり。とラッキーなことが続きました。

私の一番の願いだった「恋人」に関しては、お別れして1年位経った頃、別れた彼から「やり直したい」と連絡があり、再びお付き合いする事に。「素敵な彼が・・・」と願っていた私ですが、心の奥底では彼の事をイメージしていたんだと思います。

その後の私たちは・・
喧嘩もありますが、穏やかにお付き合いを続けています。

そう、今でも日記には願いを書き続け、彼との未来も書き綴っています。遠くない未来に、きっと叶うであろうと確信しています。