仕事は行き詰まり。恋は進展なし。部屋はごちゃごちゃ。。。

こんな良いことナシのオーバー30崖っぷちOLだった私が、雑誌から「好き」「なりたい」写真を切って貼った1枚のポスター(※)を作っただけで、夢を実現できちゃった話です。

(※ 管理人注:ビジョンボードのこと)

人生の先輩が教えてくれた秘密。

「ビジョンボード作ってみない??」

仕事が最近面白くない。恋人とも進展なし。汚部屋でコンビニ弁当ばかりの食生活。そんなやさぐれた生活を送っていた31歳OLの人生を変えるきっかけをくれたのは、内面も外見も美しい尊敬する人生の先輩のこの言葉でした。

先輩が教えてくれた「ビジョンボード(ビジョンメイキング)」とは、雑誌や新聞、本などから、自分が「好き」「なりたい」と思う写真や文字を切り抜いて、画用紙に張り付けること。

貼り方は自由。好きな構図で、デコレーションをしてもOK。
そんなシンプルなものでした。

すぐに表れた大きな変化。ビーチで結婚式を挙げる。

作り始めて数時間後には私の画用紙は、好きな写真や文字でいっぱいになりました。大自然の景色、素敵なカップル、丁寧に作られた手料理、可愛い調理器具、大好きなお酒、整理整頓されたキレイなお部屋など・・・。

とりとめもないけれど私の「すき」「なりたい」が凝縮された画用紙になりました。そして、ファッション雑誌から切り抜いてきた「できるかどうかより、やるかどうか」という言葉を右上に張り付けました。そして、この言葉が私の人生を動かし始めました。

すぐに劇的な変化が表れました。

恋人との結婚が決まりました。場所は、私がビジョンメイキングで選んだ写真のような素敵なビーチリゾートでした。

たった1年間で実現されたこと

その後、私の生活は右肩上がりに幸福度を増していきます。

私は早々に彼の住む海外へ移住しました。そして、清潔感で一杯の素敵な部屋を探し、二人の大好きな家具ブランドを揃えました。

私は夫のために、お気に入りの調理器具で愛情をこめた料理を作っています。食後には二人の大好きなお酒を、二人で楽しみます。

海外旅行にも定期的に行っており、南フランスの大自然や、スリランカの世界遺産、タイの秘密のビーチリゾートにも行きました。

 

これら全部が1年前の私が画用紙に張り付けたものだと気付いたときには驚愕しました。

あのやさぐれOL生活からスタートしてたったの1年で、これほどまでに効果があるとは当時はまったく思っていませんでした。

あのとき、自分が手に入れたいものを明確に形にしたこと、そして「やるかどうか」という覚悟の言葉を選んだことが、自分を支え、この幸せを運んできてくれたのだと思います。

このビジョンメイキングのことは夫には内緒にしていますが、こんなに効果があるんだから夫婦で楽しんでもいいのではないかなとも思います。