■イメージングで婚活に大成功 たぬきどんさん様

真剣に婚活しても、なかなか実を結ばないものだというのは、かつての私が身をもって経験したことです。すなわち、どんなに懸命に婚活しても、失敗の連続。自信はどんどん失われていきました。

しかし、ある事を習慣づける事で、運命の出会いがやって来ます。

私を支配していたマイナス思考

婚活で失敗を続け、時間と労力とお金をただ浪費していた時、結婚できないのは、私自身のスペックがあまりにも低すぎるからだという思いに囚われてしまっていました。

確かに、顔が良いわけでもなく、少々肥満体で、収入も同世代の平均を大きく下回り、借金も抱えて、しかも人生の折り返し地点は過ぎてしまったかもしれないアラフォー男。

これでもかというほどのマイナス要因を抱えてしまっていました。
マッチングサイトで女性と知り合っても、実際に会ったらその後のお付き合いをお断りされる事の連続で、もう自分は一生結婚できないのだろうと、ほとんど諦めに似た気持ちを抱えながら、ただ惰性で婚活していました。

その当時、私が描いていた将来のイメージは、どこかの安アパートで、孤独死してしまって相当の時間が経過してから発見され、無縁仏として葬られてしまうというもの。そうはなりたくないと思っても、恐らくそうなってしまうのだろうという、確信に似た思い。

今になって思えば、一種のマイナスのイメージングを無意識にやってしまっていたのでしょう。

起死回生の婚活リセットとイメージング

もう手詰まりになった私は、あと1年と少しで40歳代に突入してしまうところまで来てしまいました。

そこで私は、最後の勝負に出る事にしました。

婚活はそれ以上やってもムダと考え、しかしあと1年だけ頑張ってみて、それでもダメだったらきっぱり諦める事にしました。

また、お相手に対して求める条件を下げて、ネットのマッチングサイトもそれまで以上に活用して、出会いのチャンスを広げる事にしました。しかしそれくらいでうまくいくなら、とうの昔にやっています。

私が特に意識したのは、マイナス思考をことごとく捨てて、その代わりに結婚した後の幸せな家庭をイメージする事で、毎晩寝る前に何度でも頭の中で反復させながら眠りに就くようにしました。

一日のうちでたとえうまくいかない事があっても、くよくよしようとする思いを深呼吸しながら断ち切りました。

そして、結婚後のイメージ・・・借家でもいいから一軒家に住み、妻と2人くらいの子供がいて、子供はできれば姉と弟が良くて、朝と晩は家族そろっておしゃべりを楽しみながら食卓を囲んで、天気のいい休みの日には家族みんなでお弁当を持ってドライブにでも行き・・・本当はもっと細かい事も含めて、具体的なイメージを積み重ねていきました。

すぐに現れた効果

将来について幸せなイメージを持つだけで、朝起きてからの気持ちが前向きになり、そのまま気力が充実しながら一日を過ごせるようになっていくのを感じました。

周りからも、表情が明るくなったとか、人が変わったように笑顔になったとか言われるようになりました。マッチングサイトで知り合った女性とも、気負わず、卑屈にならず、心から楽しくメールのやり取りができるようになりました。

そして、婚活をリセットしてから2か月後に、その時点で特に気が合っていた女性と、実際にお会いする事になりました。

以前の私だったら、「お断りされたらどうしよう、いや今回もきっとお断りされるだろう」という思いで女性とお会いしていたのですが、その時は自分でも驚くほどの前向きな気持ちで、「もし私にとって理想のお相手でなければ、お断りすべきか、どうか」とすら真剣に考えていました。

そしてお会いした女性は、まさしく私にとって想像以上に理想的な女性でした。一目惚れみたいな感覚で、真剣に交際を申し込むと、あっさりと承諾されました。それからすぐにプロポーズし、そして出会いから10か月後には結婚してしまいました。

その後も幸運は続き、私とほぼ同年代の妻の年齢的な事も含めて考えると、普通よりは難しいのではないかと思われた子宝も、すぐに恵まれ、しかも私が思い描いていた通り、第一子は女の子、第二子は男の子でした。

結婚からも5年が過ぎ、ひょっとすると私がイメージングしていたよりも幸せな家庭になっているかもしれません。念ずれば通ずとは言いますが、まさにプラス思考への切り替えで、自ら幸運を引き寄せる事ができたと思っています。