潜在意識を活用して願望実現する方法について、自己啓発本で紹介されている知識をまとめてみました。この記事1本で、潜在意識についての勉強もできますし、おさらいに使うこともできます。

結論から言えば、潜在意識を上手に活用するには「いい気分」でいること、この一言につきます。しかし、なぜ「いい気分」が重要なのか?その点を意識しながら、以下のまとめを読んで下さい。

潜在意識の処理能力は1000万ビット。

潜在意識(右脳)の処理能力は、諸説ありますが毎秒1000万ビットと言われています。具体的には、1秒間に15冊分の本を処理できるということです。潜在意識は、スーパーコンピューターなのです。

一方で、顕在意識(左脳)の処理能力は毎秒40ビットなので、その処理能力の差は25万倍、雲泥の差です。潜在意識の情報処理能力が、どれぐらい圧倒的なのか、お分かりいただけたでしょう。

勿論、顕在意識にも役割があります。左脳が命令・要求を言語化して、右脳にそれを伝えます。潜在意識にお願いをするのは顕在意識なのです。両者があって初めて私たちの心が成り立っています。

あなたは普段考えている通りの人になる。

自己啓発本でよく語られるのが「あなたは普段考えている通りの人になる」ということ。『思考は現実化する』ということですね。

例えば「私はお金持ちになれる。私がお金持ちになるのは当然のことだ」と普段から考えている人は、潜在意識に「私はお金持ちになれる」という情報を常に送り続けていることになります。

しかし、現実には「お金持ちになれない」と考えている人が圧倒的大多数ですね。しかし、それでは潜在意識が「私は貧しい」という情報を受け取り、そのようなセルフイメージが作られます。

潜在意識は現状維持を好む。

潜在意識の仕事のひとつに「現状維持」があります。私たちの脳には防衛本能があり、変化を極端に嫌います。毎日あなたの人格が変わったり、環境が激変していては、とても生存してはいけません。

そのため、明るい人は1年後も明るい人、暗い人は1年後も暗い人というように人格が維持され続けることになります。また、貧乏な人もお金持ちの人もずっとその環境を維持し続けることになります。

人間はなかなか変われないし、どのような環境でも慣れる生き物。
潜在意識が現状維持をして、あなたの生存を助けているのです。
人生を変えるのが難しいのは、このメカニズムがあるからです。

潜在意識に「オーダー」をする方法。

潜在意識を変えるには「言葉」と「イメージ」の2つを使います。

前者は、アファメーションと呼ばれる手法です。
後者は、イメージングと呼ばれる手法です。

アファメーションは、日本語で肯定的断言と言い、「私はますます豊かになっています」「私は健康で、毎日とても元気です」と言うような肯定的な言葉を唱えることで、潜在意識を変える手法です。

イメージングは、夢を達成した自分を想像します。例えば「ビジネスで成功して、高級ホテルでくつろいでいる自分」を想像して、
夢や目標を達成した自分を映像的に潜在意識に刷り込む手法です。

どちらかの手法が優れているということはありませんから、自分がやりやすい手法に取り組むべきですね。一般的に、人間はイメージすることが苦手なので、初めはアファメーションがオススメです。

アファメーションのやり方


アファメーションでは、以下の例文のような「肯定的な言葉」を声に出して唱えます。心の中で唱えるだけでも効果があると言われますが、声に出して唱えた方が、五感を使っているので効果的です。

■アファメーションの例文

・私は毎日あらゆる面でますます良くなっている。
・すべてはうまくいっている。日に日に良くなっている。
・私には、つぎつぎとチャンスが舞い込んでいる。
・私の運命は、よりよい方向に向かっている。

このような肯定的な言葉を繰り返し唱えることで、脳を上手くダマして、潜在意識に新しい自分をインストールする手法なのです。

また、アファメーションの音声を聴く「録音アファメーション」、鏡を使ってアファメーションする「鏡法」-無表情でのアファメーションを予防する-など、いろいろなメソッドがあります。

【詳細】>>>アファメーションのやり方

イメージングのやり方

イメージングでは、夢や目標を達成した自分を想像することで、
潜在意識に新しい自分を【映像的に】インストール手法です。

イメージとしては「自分が主演のCM」で、『成功者としての自分』や『憧れの男性と結婚した自分』の映像を脳内で再生します。

■イメージングのやり方

1.15~30秒ほどの「自分主演CM」を作る。
2.リラックスして、その映像をイメージする。
3.願望実現後のリアリティをありありと味わう。

やってみると分かりますが、映像をイメージするのは難しいです。
そのため、事前に簡単な絵を描いたり、シナリオを書いた方が想像しやすいですね。この事前準備こそが、意外に重要な作業です。

コツは、イメージングをしながら、願望達成後のワクワク感や達成感をじわじわと味わうことです。リアリティを伴う想像の方が、脳もダマされやすくなるので、感情を伴えるように練習しましょう。

【詳細】>>>イメージングのやり方

心のブレーキを外す方法。メンタルブロックを外す方法。

アファメーションやイメージングをしていると、かならず心にブレーキがかかります。「私はますます豊かになっている」と唱えても、「全然豊かになってないよ」というツッコミが入るのです。

この無意識からの抵抗を「メンタルブロック」と呼びます。前述の通り、潜在意識は現状維持を好み、変化することを嫌うものです。
変わろうとするあなたを、なんとしても引き戻そうとするのです。

メンタルブロックを外して、潜在意識にアクセスするにはテクニックが必要です。ちょっとした工夫で、潜在意識にスムーズにアクセスできるようになるので、以下のテクニックを使ってみて下さい。

寝る前は、とても暗示にかかりやすい。

人間が就寝する直前は、大脳がゆるやかに活動を停止させており、暗示にかかりやすいのです。「特別 無条件 同化 暗示感受性」と呼ばれる現象ですが、メンタルブロックの抵抗が弱まっています。

したがって、就寝前に、アファメーションの音声を聴いたり、イメージングすることで、スムーズに潜在意識にオーダーが届きます。

筆者は、iphoneでアファメーションの音声を聴きながら、眠りにつきます。タイマーで、音楽が自動的に終わります。睡眠中は、潜在意識に書き込みはできないので、このような工夫をしています。

脳波誘導の音楽を聴きながらワークをする。

脳波誘導音楽と呼ばれる音源があります。これは左右の耳に異なる周波数の音を聴かせると、脳はその周波数の差を調整して埋めようとします。その結果、脳波を特定の周波数に誘導できるのです。

脳は、シータ波と呼ばれる周波数に支配されると、暗示を受けやすくなります。メンタルブロックの抵抗が弱まり、潜在意識へアクセスしやすくなるのです。新しい自分をインストールチャンスです。

そのため、シータ波への誘導音楽と、アファメーションが組み合わさった音源が販売されています。聴いているだけでリラックスして肩の力が抜けるので、ご自身で探してみてはどうでしょう?

アファメーションの文言を工夫する。

現在取り組んでいるアファメーションの文頭に以下の言葉をつけるか、文章の時制を現在進行形に変えて下さい。

・なぜか知らないけれども~。
・ますます~になっていく。

(例)なぜか知らないけれども、お金が入ってくる。
(例)私はますます豊かになり、どんどん繁栄していく。

まず、「なぜか知らないけれども~」では、願望が叶う理由を不問にしています。理由を曖昧にすることで、メンタルブロックの抵抗を弱めているのです。そのため、スンナリ受け入れられるのです。

また、通常アファメーションは「私はお金持ちになりました」と完了形で唱えるのですが、貧乏なのに完了形では無理があります。

そのため、現在進行形にすることで、現在のことはともかく、
豊かになっている途中なのだ、というエクスキューズを入れます。

「いい気分」でいれば、自然に引き寄せられる。

潜在意識を活用するための当面の目標は「いい気分」でいること。前述のように潜在意識は優秀で、毎秒1000万ビットの情報を情報処理ができるのですが、不安や心配まみれでは元気に働けません。

むしろ、ネガティブな自分を維持するために、ありとあらゆる情報を集めて、あなたをネガティブな存在にし続けるでしょう。当然、それでは願望実現も難しく、引き寄せなんて絶対に起きません。

したがって、毎日いい気分で過ごしましょう。アファメーションやイメージングは、そのための技術です。毎日、夢や目標に向かって努力できる幸せを噛みしめて、充実感を感じて生きるべきです。

ネガティブな感情に支配される場合は浄化が必要。

どれだけアファメーションやイメージングをしても、ネガティブな感情に支配される場合は、潜在意識がドロドロに汚れているのかもしれません。これまでの人生で経験した、怒り・悲しみ・不安・恐怖が深層心理までこびりつき、あなたを支配しているからです。

その場合は、潜在意識の浄化(クリーニング)をして、心をリセットする必要があります。ドロ水にキレイないくら水を入れても、キレイにはなりません。潜在意識の書き換えよりも、浄化を優先しましょう。潜在意識の浄化は、以下の4つの言葉で簡単に行えます。

・ありがとう。
・ごめんなさい。
・許して下さい。
・愛しています。

これは「ホオポノポノ」と呼ばれるメソッドで使用する言葉です。人間の心の問題はいろいろありますが、この4つの言葉でだいたい心の整理をつけられます。ザックリと潜在意識を癒すんですね。

潜在意識の浄化を始めると、これまでネガティブな感情に振り回されていたはずなのに、毎日平穏な気持ちで送れるようになります。筆者も、イライラ・クヨクヨすることが極端に減りましたね。

正直、これだけでも浄化する意義はあるので、現在取り組んでいるメソッドがしっくりこない方は、上記の4つの言葉を無心になって唱えて下さい。心が柔軟になって、人生が劇的に変わりますよ。

筆者が出会った潜在意識の達人たちの特徴。

筆者が出会った潜在意識の達人たちには、ある特徴がありました。「自分の夢や願いが叶って当然」だと本気で思っていることです。

彼らもアファメーションやイメージングをすることもありますが、前のめりな印象はなく、「暇なときにやるぐらい」と仰った方も。

自分は夢を叶えて当然と思っているので、それほどメソッドにこだわりはないのでしょう。事実、ビジネスで成功していたり、魅力的なパートナーがいたり、好きなことを仕事にしていたり、周りから愛されていたり、皆さんとても満足していて、とても自然体です。

 

アファメーションもイメージングもいずれ卒業するものなのです。

新しい自分をインストールをして、自然に引き寄せられるようになれば、メソッドはそれほど必要ないからです。だって、夢や目標を叶えて当然の自分なら、メソッドなんて必要ありませんよね。

 

目安としては、どれくらい「いい気分」でいられるかです。メソッドなしで、いい気分を維持できるなら、あなたのセルフイメージはすでに上昇しています。おそらく、自然に引き寄せが起きるはず。

今現在のあなたはメソッドが必要で、大変な努力をしているはず。
しかし、いずれは夢や目標の実現、自分の幸福や充実を完全に信頼できるようになります。これまでの自分を捨てられるのです。

その日が来るまで、潜在意識の書き換え作業を頑張りましょう。