199式とは、2chの潜在意識系のスレッドで伝説となったアファメーションに引き寄せメソッドです。199さん(スレッドの番号が由来)は、自分がまねいたあるトラブルから刑務所に入りかけたのですが(!?)、あるアファメーションを繰り返したおかげで現実が激変。

「ここ2年くらい毎日遊んでいるのに毎月300万くらいの収入があります」と語っておられます。あまりにもすごい成果なのですが、それゆえ潜在意識スレでは伝説として語られているのです。

個人的にも大好きなアファメーションで、もっとも唱えているのが199式です。今回は、199式アファメーションのやり方と重要ポイント、私が実際に引き寄せた臨時収入についても紹介します。

具体的なやり方

「お金というのは好きなことをしていれば勝手に入ってくるものなんですよ」
「私は遊んでいて年収3000万円も当然の人間なんだ。3000万円がふさわしいんだ」
「また今月も通帳に500万円振り込まれていたよ。誰が振り込んでくれるんだろう」
「私は遊んでいてもお金持ちになれる運命なんだ」
「なぜか知らないけど大金が入ってくる」

・上記の言葉をアファメーションして下さい。率直に言って、ぶっ飛んだ内容なので、繰り返し唱えることが重要です。大量反復が必要なので、録音アファメーションとの相性がとても良いです。

・199さん曰く「何かに没頭している時間以外は、とにかく潜在意識が根負けするまでしつこくやりました。」そうです。

・筆者は、iphoneアプリの「アファメーション」をつかって合成音声で聴いています。BGMが指定できるので、バックで『G線上のアリア』を流しています。9割聴いて、1割は言葉を唱えています。

199式を成功させる重要ポイント

199式の最大の特徴は、ぶっとんだ(と常人は解釈する)金銭観です。端的に言えば「お金は遊んでいても自然に懐に入ってくる」という驚きの信念に裏打ちされていることです。以下、引用です。

「多くの人がお金持ちになるという願望をイメージしたりしているのに叶っていないのは、お金に対して下のような制限された信念を持っているからです」

・「働いた対価として得るもの」

・「努力や苦労した結果得るもの」

・「労働や商品やサービスを提供した結果得られるもの」

・「お金を得るのは大変だから(だから汗水たらして働いて得ないといけない)」

・「お金を得るのは難しい。」

199さんも、以前はこのような考えを持っていたそうです。

「私もこういった信念を持っている間は、ノートに書いたことが叶いませんでした」と語っておられます。しかし、そのうえで、これらは複数ある信念のひとつに過ぎず、絶対ではないと指摘します。

「自分でお金に対して定義を自由にして、それを信念とすれば、それが自分にとっての法則として機能します。」

「私は、お金は好きなことをしていれば勝手に入ってくるもの。毎日何をしていようが年収3000万円入ってくるのが当然。私はそれに相応しい人間、私にはそういった権利がある、そういった運命にある。という信念を持っているので、私にとってはそれが法則として機能しているだけです。」

ここが重要なポイントです。
お金がどのようにして手に入るかは自分で定義できるのです。

199式の実践では、お金に対する先入観をどれだけ捨てられるかが成否を分けます。資本主義社会での常識を書き換えるのです。

1000回アファメーションを実践せよ

お気づきのように199式は並みのアファメーションではありません。そのため、199さんご自身が仰るように、潜在意識が根負けするまでしつこくやる必要があります。

そこで登場するのが「1000回アファメーション」というメソッドです。文字通り、同じアファメーションの文言を1000回唱えるという量を重視したメソッドです。199式をこれでやります。

以下、脳が繰り返しに弱いことが分かる文章を引用します。

脳は特定の情報を普通のレベル以上に取り入れると、脳の中に、その取り入れた情報を「脳自体に取り込もう」とする作用が働く。

そして、そのための専用窓口さえできるのである。たとえて言えば、膨大な金が毎日流れ込む組織には、その中に取引銀行の行員が常駐し、一種の組織内支店ができるものだが、それと似ている。

『自分を思いどおりに動かすSSPS-V2システム―機械的成功法』 P69より

録音アファメーションを活用する。

あらかじめ断っておくと、199式は1日1000回では足りません。

1日の大半をアファメーションしなくてはなりません。そのため、録音したアファメーションを聴くと言う「録音アファメーション」が便利です。199式の文言を録音して、ひたすら聴くのです。

私はiphoneアプリの「Affirmations」を使いました(有料380円)。言葉を入力すれば合成音声でアファメーションを無限にリピートできます。また、ituneのライブラリからBGMを指定できます。

筆者の体験談。3ヶ月聴き続けたら臨時収入50万円。

199式に出会ってから、私はすぐに前述の音声を作成しました。そして、ほぼ1日中聴くようにしたのです。幸いにして自宅仕事なので、仕事中も聴いて入られます。だから、とにかく聴きまくった。

正直、初めはアファメーションの文言に顕在意識レベルで抵抗がありました。「なぜか知らないけど、お金が入ってくる」なんて言っているのですから当然です。しかし、ここで負けては無意味なので、潜在意識を根負けさせるつもりで音声を聴き続けました。

だいたい2ヶ月くらいでメンタルブロックが和らぎました。
「なぜか知らないけど〜」と言う音声が流れても「まぁ、そういう不思議なこともあるかな」程度には思えるようになったのです。

そして、3ヶ月目に意外な形で大金を引き寄せることになります。

昔ワルだった弟がビックになって登場!

突然、母親から電話があり、上京した弟が帰省してくるというのです。帰省の理由は「先祖の墓参りをしたい」と言う、唐突なもの。理由を聞いても「行ける時に行きたい」と言う意味深な回答。

駅に迎えに行ったのですが、久しぶりに会った弟は変貌していました。まるまる太っていたのです。筆者はすぐにピンときました。「どんな仕事をしているのか?」と聴くと『広告代理店』と弟。

話を聞いてみると仕事が絶好調のようで、今話題の仮想通貨への投資で1000万円近く儲けたと言うのです。腕につけている腕時計も明らかにウン十万円はするもの。ヴィトンのハンドバックから、同じくヴィトンの財布が出てきた時は失笑を禁じえなかったです(笑)。

兄貴には世話になったから・・・高級寿司と50万円

ついでに言うと、この弟、昔はかなりワルで、筆者は彼にバイクの修理代やトラブル(!?)の解決代として100万円は貸しました。

もちろん、戻ってこなかったのですが、その弟が「高いお店に行こう。いいよ、おごるよ」と言っているではありませんか。

そのまま、筆者と母親は普段入らないような高級寿司店へとGO。

「なんでも食べてもいい」と言われましたが、さすがに気が引ける私と母親。しかし、当の本人がウニ(時価!)・中トロ・アナゴ・煮ハマグリ・小肌などをバンバン注文しています。

筆者と母親は節約志向ですから、お金があっても、そんなものは注文しません。しかし、この機会を逃したら、ウニも中トロも食べられそうにありませんから、遠慮せずにバクバク食べました(笑)。

3人で2万円ほど食べました(!)。これだけでも「199式すごい!」となるところですが、別れ際もっと衝撃的なことが起こります。

「兄貴は世話になったから」そう言って封筒を差し出してくる弟。「いいよ」と言いながらも、しっかり手を伸ばして受け取る筆者。

自宅で中身を見たら50万円が入っていました。
俺は100万円近く貸したのだが・・・本当にありがたく頂戴しましたよ。

最後に。成功のためのポイント。

この世の中には不思議なことがあると素直に認めることです。
なぜ、引き寄せるのかと聞かれても、答えようがありません。

その後も引き寄せは続いています。筆者はWebメディアを運営しているのですが、まったく鳴かず飛ばずだったのに、あるドラマのおかげでアクセスが急増、その後も安定的にアクセスが来て、収益を立てることが出来ました。(こちらは月収10万円ほどですが。)

まだまだ199さんのように「遊んでいながら年収3000万円」にはほど遠いです。しかし、199式の効果を日に日に実感しています。

断言します。199式は本物のメソッドです。

現在、筆者の心はお金に対する恐怖はありません。それまでは「お金がなくなったら、どうしよう」と言う不安に襲われていましたが、現在では「なくなっても、いくらでもチャンスはある」と思えるようになりました。言い換えれば、お金と仲良くなれたのです。

 

まずは、音声を作成して下さい。

面倒な人はYouTubeで199式と検索すれば、
有志が作成したアファメーション音源がヒットします。

本気で人生を変えたいなら、それをひたすら聴きましょう。
きっと、あなたの人生を変えるきっかけになるはずです。