(発見された小銭入れ。
とっくの昔に諦めていたのに、突然発見された。)

「ありがとうございます。入金されました。」

紛失した小銭入れが戻ってきた口癖。

衝撃的な体験をしたので、体験談をシェアします。潜在意識を活用したら、見事になくしものを発見しました。小銭入れなのですが、DAKSの1万円程度のもので、決して安いものではありません。

当時は仕事で忙しく、外出時に使用しているカバンのなかはメチャクチャ。コンビニのレジで財布を取り出すのも一苦労。そのような状態で、移動を繰り返していたので、いつのまにか紛失しました。

気づいたときには、時すでに遅し。部屋のどこを探しても小銭入れは出てきません。10年近く愛用し愛着のある品。もはや、金額の問題ではなく、私はかなり落ち込んでいました。

入金口癖でなくしものを発見。電話一本でご帰還。

外で落としていたと確信していた私は、小銭入れを完全に諦めていました。それどころか百貨店で新しい小銭入れを探していました。

結局、下見で気に入った黒い小銭入れに決定。3万円弱のブランド品の小銭入れです。どうせなら奮発しようと思いました。その日は持ち合わせがなかったので、後日購入することにしました。

私は落ち込んでいました。単純な自己管理の失敗で、思わぬ出費を迫られたのです。普段、アファメーションしているはずなのに、逆のことが起きた・・・。ドッと疲れてしまったのです。

おまけに、仕事(自営業)でトラブルが続き、小銭入れもなかなか買いに行けません。「実は、お金に嫌われているのでは?」このようなネガティブな感情が心にフツフツと湧いてきたほどでした。

落ち込んでも仕方ないのでアファをすることに。

しかし、落ち込んでも仕方ありません。こういう時こそ、アファメーションのしがいがあると言うもの。「よし、アファでお金を取り返そう!」。そこで「入金口癖」を唱えることにしました。

「ありがとうございます。入金されました」

朝昼晩、お風呂の中でも、道を歩いている時は心の中で、唱えまくりました。3日ほど唱えたときでしょうか、幸運が舞い込みます。普段連絡を取らない友人から突然の電話があったのです。

この前、ツ●ヤに行ったら、小銭入れを拾った。中身を確認したら、以前俺が旅行のお土産にプレゼントしたお守りが入っていた。お前の小銭入れだと思うのだが、確認をしてくれないか?

私は北海道の地方都市在住です。確かに、東京ほど広い街ではありませんが、それほど狭い街でもありません。最近、新幹線が開通して、これから開発が進む土地です。人口も30万人ほどです。

落としたものを友人が拾う確率と言うのは、一体どれくらいなのでしょう。友人いわく「道を歩いていたら、古い家の塀に黒いものを発見。よく見てみたら、筆者が愛用している小銭入れだった」。

おそらく、親切な誰かが「落としものですよ」と家の塀に置いておいてくれたのでしょう。二つの偶然が重なっていたのです。

結局、どれくらいのお金を引き寄せたのか?

・小銭入れ本体 1万円弱
・中身 3126円

500円玉が5枚入っているのを見て、すごく得した気持ちになりました。私はお金を引き寄せようとしたのですが、結果として、お金が入っている落とし物の財布を引き寄せたのですね。

また、落し物を探して発見したと言うより、落し物の方から持ち主に戻ってき印象です。アファメーション開始から、わずか3日での急展開に本当に驚いています。アファメーション、恐るべしです。