潜在意識の法則でよく議論されるのが「行動は必要か不要か?」。

行動不要論者は、アファメーションさえしていれば、自然にお金が手元に届けられたり、魅力的な異性から近づいてくると説きます。

しばしば議論されるこのトピックについて、当ブログでも筆者の私見を披露させて頂きます。結論から言えば「行動は必要」です。

行動は必要。と言うより自然に行動してしまう。

nekorobu

潜在意識をめぐる有名な議論が、願望を実現するのに行動は必要か不要か?というもの。当ブログの立場を表明すると、行動は必要。

そもそも、潜在意識を活用する目的は、無意識に必要な行動が取れる人間になるためです。「なぜか分からないけれども仕事が面白すぎる」「体が自然に動いて勉強してしまう」。

 

多くの自己啓発書も、自然に成功するように振舞ってしまう意識状態を生み出すことを目的に執筆されているはずです。

そもそも「行動が必要か不要か?」という質問自体が愚問。潜在意識に願望が刷り込まれているなら、自然に必要な行動をしているはずです。身体が勝手に動くのです。

潜在意識が奇跡を起こすのは事実

引き寄せ系の本に多いのですが、行動を一切しなくても人や物、幸福や成功を引き寄せるというのです。なるほど確かに私もピンポイントで欲しい物を引き寄せたり、10年以上会っていない音信不通の友人と街でバッタリ出くわしました。

しかし、行動を前提している目標も世の中にあるはずです。行動せずに仕事で成功したり、資格試験をパスすることは出来ないはずです(極めて常識的なことで恐縮ですが・・・。)

ただし、潜在意識が人生に奇跡を起こすのは厳然たる事実。無意識の行動パターンを変えられるからです。この力が絶大だからこそ、人々はこれほど自己啓発に魅了されるのです。

無意識にお金持ちになるよう振舞ってしまう。
無意識に恋人ができるように振舞ってしまう。
無意識に大学に合格するよう振舞ってしまう。

潜在意識を書き換えると生理的レベルでの激変が起きます。行動をしないと気持ち悪くなって、風邪のような症状が出る人たちもいるほどです(好転反応の逆バージョン)。

行動が、必要か不要か悩む必要はありません。この高みまで昇れば、行動自体が楽しくなり、願望も自然に叶いますよ。引き寄せによる「棚ぼた」なんて期待しなくなります。

潜在意識はドラマを求める

これは持論なのですが、潜在意識に願望を刻印すると、かならずドラマが起きます。筆者の場合は、ビジネスで成功を祈念しました。

結果、引き寄せるどころかトラブルが続々と起きたのです。初めは「潜在意識の法則なんて嘘なのかな」と落ち込みましたが、それらのトラブルを乗り越えることで、見事に目標を達成しました。

そのときのアファメーションは「2年で、月収●●●万円を達成して、借金を完済しました」というものでした。そして、本当に1年8か月で借金400万円を完済することに成功したのです。

 

なぜ、このようなプロセスを経なくてはいけないのでしょうか?

これも持論ですが、受け取るのにふさわしい人間に成長するためだと筆者は理解しています。

 

当時の私は怠惰で自分勝手な人間だったので、神様が「お前には百年早い。だから試練を与えてやる」と判断したのでしょう(笑)。

事実、数々のトラブルを乗り越えることで、人生観がガラリと変わり、お金に対する執着もなくなっていました。具体的には、お金がなくても幸せだと心底思えるようになりました。

そして、忘れた頃に、あるプロジェクトがヒット!雪崩のようにお金が舞い込み、借金の苦しみから解放されたのです。潜在意識はドラマを求めます。だから、行動は必要なのです。